レッドブルF1 「ルイス・ハミルトンは我々のドライバー方針に適合しない」
レッドブルのF1チム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルという2人のF1ワールドチャンピオンのレッドブル・ホンダ加入の可能性を除外した。

ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルは今シーズン限りでそれぞれメルセデスとフェラーリとの契約が失効する。その時までに35歳のハミルトンは、ミハエル・シューマッハの記録的な7回のF1ワールドチャンピオンという記録に匹敵する可能性がある。

ルイス・ハミルトンは2021年以降もメルセデスに残留すると予想されているが、フェラーリのセバスチャン・ベッテルのシートにもリンクされている。フェラーリの長期的な焦点は2024年まで契約を延長したシャルル・ルクレールに向けられている。

レッドブルは、F1でルイス・ハミルトンの後継者と広く見なされているマックス・フェルスタッペンと2023年末まで契約を延長。クリスチャン・ホーナーは、フェルスタッペンを“F1で最もコンディションのいいドライバー”だと称賛している。

ルイス・ハミルトンのレッドブル・ホンダ加入の可能性についてクリスチャン・ホーナーは「ハミルトンは我々のプログラムにはそぐわないだろう」とコメント。

「我々にはマックス(フェルスタッペン)がいる。我々は常に若い才能に投資し、その才能を育成し、発展させるという方針を採用している。ルイスはそれに適合しない」

32歳のセバスチャン・ベッテルは、2010年から2013年の間にレッドブルで4つのタイトルを獲得したが、クリスチャン・ホーナーはすでにチームの歴史の中で閉ざされた章であることを明らかにした。

セバスチャン・ベッテル復帰の可能性について質問されたクリスチャン・ホーナーは「2つのアルファがチームにどのように適合するかを見極めるのは難しい。フェラーリが抱えていた問題を見ることができる。レッドブルで2つのアルファドライバーを使用する場合に違う理由はあるだろうか?」

「フェラーリのルイスや、レッドブルのルイスも同じだ。特に厳しい競争の中では非常に難しいダイナミクスだ」

クリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンがメルセデスに残留することを予想しているが、ハミルトンは彼の賃金要求を抑える必要があるかもしれないと警告する。

現在、ルイス・ハミルトンは年間4000万ポンド(約56億円)の収入を得ていると推定されているが、年俸6600万ドル(約72億円)の4年契約を要求するルイス・ハミルトンと、年俸5000万ドル(54億円)の2年契約を提示するメルセデスとの交渉が難航していると報じられている。

「2つのメジャーなシートはもう埋まった。彼らが条件に同意できれば、彼は現在のチームに残るというロジックになるだろう」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「現在、すべての自動車セクターは財政的なプレッシャーにさらされている。そのため、冗長性が生じている場合、記録破りの給与を正当化することは難しいと思う」

「ドライバーと彼のチームとの間の通常の商業交渉になると思う。私がそれを測るのは難しいが、フェラーリは彼にとって可能性があるかもしれない」

「彼は自分がいる環境に満足しているように見える。それが最も競争の激しい環境であるなら、なぜ彼は異なるカラーで運転するためにそれを変えたいと思うだろうか?だから、私はその理論に同意しない」

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンにはチャンピオンシップに挑戦する経験が備わっており、今年、チームメイトのアレクサンダー・アルボンとともに上位争いに変化がみられる可能性があると語る。

「マックスはハミルトンに挑戦する最も高いドライバーであり、それは避けられないだろう」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「常に別の波が来ている。マックスがこれからの男です。彼は22歳だ。彼には勢いがある。ルイスは35歳くらいだろか? それはどんなスポーツでも避けられない。常に別の世代がやってくる」

「そして、マックスとルクレールや他の若者たちが台頭しているF1は本当にスリリングな年になると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン