F1
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが、ジュニアドライバーとして育ててきたカルロス・サインツの離脱を許した背景について語った。

近年、レッドブルはF1に参戦できるジュニアドライバーがおらず、様々な元所属ドライバーに2度目のチャンスを与えている。2018年にはブレンドン・ハートレー、2019年にはアレクサンダー・アルボンとダニール・クビアトを呼び戻し、ピエール・ガスリーもトロロッソで2回目のチャンスを与えられている。

カルロス・サインツは、以前にルノーにローン移籍を許され、2019年にはレッドブルを離れてマクラーレンに完全移籍した。昨年、レッドブルはダニエル・リカルドの想定外の離脱によって、最初はピエール・ガスリー、そして、夏休み後にはアレクサンダー・アルボンに交代と悩ましいシーズンとなった。もし、カルロス・サインツが契約内にいれば、正当な後継者になった可能性がある。

だが、ヘルムート・マルコはカルロス・サインツを簡単に手放したわかではないと語る。

「カルロスはレッドブル内でフェルスタッペンと対決していた。2人のうちのどちらを昇格させるかを決めるかは我々次第だった。そして、結論に至った。カルロスは速い。そうでなければ、我々は彼を拾い上げなかっただろう」

「だが、彼はフェルスタッペンではない」

「我々は彼のキャリアの手助けをしてきたし、彼を手放す必要などなかった。だが、我々はルノー、そして、マクラーレンへの移籍を可能にした。我々は良い関係を築いていた」

マックス・フェルスタッペンとカルロス・サインツは、トロロッソ時代にチームメイトだったが、必ずしもうまくはいかなかった。二人とも若く、より高みを目指していた。

ラリー界のレジェンドであるカルロス・サインツSnrは、スペインのメディアを通して問題に影響を与えようとした。そして、ヘルムート・マルコは定期的にそれに対して嫌悪感を表明していた。

「サインツ・シニアが多くの政治をする父親か? 私はそう言うつもりはない。彼は客観的に賢明なものを見ることができないまさにレーサーの父親だ。だが、それは完全に理解できる。彼は常に息子のために良いと感じていることを望んでいる。だが、彼も例外ではないのは確かだ。だが、それが最悪のケースではなかったのは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / カルロス・サインツJr.