F1
レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンとの契約を2023年まで延長したことを発表した。

レッドブルは2019年からホンダのF1エンジンを搭載。マックス・フェルスタッペンとの以前の契約は2020年末までとなっており、2020年にF1ワールドチャンピオンを狙うことができなければ、スタードライバーであるフェルスタッペンを失う可能性があった。

しかし、1月7日(火)にレッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンは2023年まで3年間の契約を延長したことを発表。レッドブル・レーシングはホンダF1との契約を2021年まで延長しており、少なくとも2020年と2021年はレッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンのパートナーシップは継続することになる。

また、レッドブルとホンダF1はすでに2023年までの契約延長について話し合いを開始している。

レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「2023年シーズンまでマックスとの契約を延長したことは素晴らしいニュースだ」とコメント。

「2021年にはレギュレーション変更というチャレンジが差し迫っており、できる限り多くのエリアでの継続性が鍵となる」

「マックスはチームにとって資産であることを証明しており、彼はエンジンサプライヤーであるホンダと築いたパートナーシップを心から信じている。我々は彼とのパートナーシップを拡大できたことを嬉しく思う」

マックス・フェルスタッペンは、2015年にトロロッソからF1史上最年少デビューを果たし、2016年のシーズン途中にレッドブルに昇格。これまで通算8勝を挙げており、そのうちの3勝は2019年にホンダのF1エンジンで達成したものだ。また、昨年はホンダのF1エンジンで自身初ポールポジションを獲得している。

マックス・フェルスタッペンは、昨年にスタートしたホンダF1とのパートナーシップにおけるチームの進歩がより多くのモチベーションと信念を与えてくれたと述べた。

「チームとのパートナーシップを延長できたことを本当に嬉しく思う。レッドブルは僕を信じて、F1を開始する機会を与えてくれた。そのことにはいつも心から感謝している」とマックス・フェルスタッペンは声mンと。

「長年にわたって、チームとの距離を縮めてきた。全員の情念とコース上でのパフォーマンスに加え、このような素晴らしい人々のグループと一緒に仕事をすることも本当に楽しんでいる」

「ホンダが加わり、過去12か月で僕たちが達成した進歩は、僕たちが一緒に勝てるというより多くのモチベーションと信念を与えてくれている」

「レッドブルとホンダが協力し、あらゆる面で全員が成功するためにできることをやっていることをリスペクトしている」

「レッドブルと一緒に勝ちたいし、僕たちの目標はもちろん一緒にワールドチャンピオンを争うことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン