レッドブルF1代表、アルボンと接触したランド・ノリスの対応に敬意
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1日本GPでアレクサンダー・アルボンがコース外に追い出したランド・ノリス(マクラーレン)の対応に敬意を表した。

スタートで出遅れたアレクサンダー・アルボンは、マクラーレンの2台の後ろに下がることになった。アルボンは最終シケインでランド・ノリスのインを突き、ノリスは接触を避けるためコース外に出たが、それでもわずかな接触があった。

レース後、ランド・ノリスは、アレクサンダー・アルボンに“コース外に追いやられた”が、それは“ハードレース”であり、恨みはないと述べていた。

「強引ではあったが、フェアだったと思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「それは良いハードレースだった。スチュワードが正しい決定を下してくれた良かった」

ランド・ノリスも同じような見解を述べていると伝えられたクリスチャン・ホーナーは「彼も同じように感じている? 彼に敬意を表したい」とコメント。

「接触があるときは、常に被害者がいるのは避けられないことだ。素晴らしく、フェアなハードレーシングだったと思う。それがF1の目指しているものだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ランド・ノリス