レッドブル・ホンダ 「2020年のドライバーはF1アメリカGP後に評価」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年に誰がレッドブル・ホンダでマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めるかは“F1アメリカGP後”に評価すると語った。

F1ベルギーGPからピエール・ガスリーに代えてアレクサンダー・アルボンを起用しているレッドブル・ホンダだが、2020年もアルボンが続投するかどうかは確定していない。一部ではフェラーリで不振に陥っているセバスチャン・ベッテルがレッドブルに復帰するとの噂もある。

しかし、ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルの復帰については否定する。

「セバスチャン・ベッテルの将来がどこにあるかは私にはわからない」とヘルムート・マルコは Speed Week にコメント。

「我々は素晴らしい年月を過ごしたが、今の我々には4人のドライバーがいる。ベッテルは我々とは関係ない」

ヘルムート・マルコは、アレクサンダー・アルボンがレッドブル・ホンダに素早くフィットしたことを称賛する。

「彼はチームにうまく馴染んでいるし、ベルギーでのデビュー戦ですぐに強い印象を与えた。最初のラウンドから、彼はすぐにそのレベルにした。」

しかし、2020年シーズンの開始前にレッドブル・ホンダのラインナップは再び変わる可能性があるようだ。

「アメリカGPの後(11月初旬)、誰がどこに乗るかを評価する」とヘルムート・マルコは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1