元F1ドライバーのミカ・サロ、レッドブルのドライバー交代を支持
元F1ドライバーのミカ・サロは、レッドブルの悪名高いドライバー育成プログラムを擁護している。

パドックの多くは、ヘルムート・マルコの政権を批判しており、“ジュニアチーム”はピエール・ガスリーのような若いドライバーに不当に落とす前にあまりにも多くの期待をかけてすぎていると非難している。

「だが、彼らは自分からプログラムに参加したことを忘れないでほしい。レッドブルは彼らにここに来るチャンスを与えた」とミカ・サロは C More に語った。

ミカ・サロは、ピエール・ガスリー、ダニール・クビアトといったプログラムで成功できなかったドライバーについて「彼らはチャンスを最大限に生かすことができなかった。ウオールにぶつかるまで自分自身を追いやっていた」と語る。

「契約書では、レッドブルが彼らに何をし、どこに置くかを決定すると述べてられている。そして、彼らは一文で落とすことができる」

「彼らが(アレクサンダー)アルボンを選んだのは、彼がマックスと似たドライビングスタイルを持っているからだ。彼らは彼があのクルマを運転できると考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / トロロッソ