F1 レッドブル・ホンダ イギリスGP
レッドブル・ホンダは、F1の“1007戦目”となる今週末にイギリスGPに映画『007』とコラボレーションしたマシンで参戦する。

レッドブル・ホンダのタイトルスポンサーを務めるアストンマーティンは、映画『007』でジョームス・ボンドが運転する数々のボンドカーを提供しており、ジェームズ・ボンドの映画の製作会社『イーオン・プロダクション』との協力により、今週末のF1イギリスGPでは『007』仕様のRB15で参戦する。

2台のRB15のリアウイングを含めた各所に007のロゴが追加され、マックス・フェルスタペンのマシンには『007 ゴールドフィンガー(1964年)』、ピエール・ガスリーのマシンには『007 リビング・デイライツ(1987年)』のアストンマーティン V8のナンバープレートが追加される。

また、レッドブルのピットガレージはは『MI6』のグラフィックスが施される。

レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「F1の1007戦目にボンドを祝うことは、アストンマーティンとの我々のタイトルパートナーシップを考えれば、見逃すことのできない機会だった。我々のシーズン第2のホームレースであるイギリスGPでエームス・ボンドの世界観を披露することは非常にエキサイティングなことだ。アストンマーティンはボンドと密接に関係しており、彼のクルマは本当に象徴的なものとなっているので、今週末のシルバーストーンを楽しみにしている」とコメント。

アストンマーティンのCEOを務めるアンディ・パーマーは「アストンアーティンはジェームス・ボンドとの関係を誇りに思っている。今週末、F1の1007回目のグランプリでこの長年のパートナーシップを祝うことを楽しみにしている」と語った。

F1 レッドブル・ホンダ イギリスGP 007F1 レッドブル・ホンダ イギリスGP ジェームス・ボンド

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1