F1 レッドブル マックス・フェルスタッペン
レッドブルのF1チーム代表クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンへの5秒加算ペナルティは厳しい裁定だと感じていると認める。

F1モナコGPの決勝で、マックス・フェルスタッペンは、ピットレーンでバルテリ・ボッタス(メルセデス)と接触しながら前に出たが、スチュワードはレッドブルがアンセーフリリースを行ったとしてフェルスタッペンに5秒加算ペナルティを科した。

「残念ながら、ピットで接触があり、マックスにペナルティが科せられた」とクリスチャン・ホーバーはコメント。

「彼にとって厳しかった。彼は力強いレースを走っていたからね。彼は心を尽くして走っていたし、あのような素晴らしい走りの後、4番手は少し苦い感じがしている」

「だが、仕方ないことだ。スチュワードが彼らにとって公正だと考えて決断を下した。我々はそれを受け入れなければならない」

「ハミルトンを抜いて、5秒引き離すことが彼の唯一のチャンスだった。今日の彼は表彰台に値していた」

残り2周、マックス・フェルスタッペンはシケインでルイス・ハミルトンに仕掛けた。

「あれが本当に唯一のチャンスだった。そして、彼は仕掛けた。それがマックスだ」

「心強いことはパフォーマンスがそのレベルにあったことだ。彼はとにかくプッシュしていた。彼はライオンのように戦い、ルイスを抜こうと頑張った。やってみる価値はあった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1モナコGP / マックス・フェルスタッペン