F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、F1スペインGPの決勝レースを振り返った。

レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンが、開幕戦以来となる今季2度目の3位表彰台を獲得。ピエール・ガスリーも6位入賞を果たしてダブル入賞でF1スペインGPを終えた。

「ターン2とターン3でフェラーリ勢をパスすることに成功したマックスのオープニングラップは驚異的だったし、ガスリーもまずまずのスタートを切った」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「我々はかなり早めにもう少しアグレッシブに行くことを選択し、2ストップ戦略を進めた。今日のマックスは非常に一貫性があった。彼はクルマからすべてを引き出すことができていたし、セーフティカー後のレース終盤でセブを抑えて3位を維持した」

「ピエールも力強いレースを見せていたが、レースの途中でデブリを拾ってフロントウイングに詰まってしまったことでかなりのパフォーマンスが犠牲になった。全ての事を考慮すれば、今回も彼は非常に強力なレースをしていたし、チームにより貴重なポイントをもたらしてくれた」

「今年2回目の表彰台を獲得できたのは素晴らしいことだ。これからメルセデスがベンチマークとなるモナコまでにやるべきことがたくさんあるのは明らかだが、引き続き、ギャップを縮めていければと思っている」

関連:F1スペインGP 結果 | ルイス・ハミルトンVでメルセデス5戦連続1-2の快挙

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1 | F1スペインGP