F1 ホンダF1 レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダのF1エンジンを搭載する初年度となる2019年のF1世界選手権にむけていかなる勝利目標も定めていないと語る。

F1がV6ターボハイブリッド時代に突入して以来、ライバルのメルセデスとフェラーリに対するルノーのF1エンジンのパワー不足に不満を抱いていたレッドブル・レーシングは、昨年限りでルノーとのパートナーシップを解消し、今年からホンダのF1エンジンに切り替えることを選んだ。

レッドブル・レーシングは、2019年の可能性について楽観的であり、マックス・フェルスタッペンは開幕戦オーストラリアGPでホンダに11年ぶりとなる表彰台をもたらした。しかし、これまでのところ、レッドブル・ホンダは、勝利のためにメルセデスとフェラーリに挑戦することができていない。

昨年、レッドブル・レーシングはルノーのF1エンジンで4勝を挙げており、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2019年に少なくとも5勝を挙げることができると自信をみせていた。

ヘルムート・マルコの発言について質問されたクリスチャン・ホーナーは「ヘルムートが楽観的な見方をするのが好きなのは明らかなことだ。我々はまだ3戦しか終えていない。だが、チームの観点では我々はレース勝利数に関していかなる目標も定めていない。我々の目標はギャップを縮めることだ」とコメント。

「我々全員が出来る限り早くに可能な限りの競争力をつけることに関心を持っているし、それがどのような結果をもたらすかはレース次第だ」

レッドブル・ホンダは、RB15の適切なセットアップを見つけることに苦労しており、F1バーレーンGPではペース不足に苦しんだ。しかし、その後のインシーズンテストで解決の糸口を見つけ、続くF1中国GPでは高い競争力を示せるようになった。

クリスチャン・ホーナーは、シーズンが進むにつれてメルセデスとフェラーリとのギャップを縮めていくことができると自信をみせる。

「進化することが重要だ。今年の我々の目標はメルセデスとフェラーリとのギャップを縮めることがすべてであり、我々はそれを実行していることころだ」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「中国で我々はフェラーリ勢に割って入ったし、メルセデスのペースに近づいているのは確かだ。今からシーズンの中間点までの間により多くのアコーディオン効果が見られることだろう」

「我々はバーレーンから間違いなく一歩前進を果たしたし、より競争力をつけたことは間違いない。上海でのセクター1とセクター2のオーバーレイを見れば、我々は良い状態にある」

「セクター3ではまだやるべき作業がいくつかあるが、まもなく投入されるアップグレードがそれに役立つだろう。なので、その点に関して言えば、全体的にポジティブな週末だった」

「どれが最速のクルマで、我々がそこに到達できるために何が最速の方法かに見ることが常に私の見解だ。それはレース毎で様々だ」

「バーレーンでそれはフェラーリだったし、中国ではメルセデスだった。もちろん、彼らがそのギャプを縮めるためにできることと同じいくらい全員が懸命に仕事をしている。1回のレース毎に結論を述べるこは誤りであることは歴史が示している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1