F1 レッドブル ホンダF1
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、すでにホンダのF1エンジンに変更したことは正しい決断だったと感じており、レッドブル・ホンダは2019年のF1世界選手権を制することができる自信をみせている。

F1オーストラリアGPではメルセデスの2台が圧倒的な強さをみせたが、残りの表彰台を獲得したのはフェラーリではなく、レッドブル・ホンダのマックス・フェスルタッペンだった。

「我々は今年、ワールドチャンピオンを争えると思っている」とヘルムート・マルコは La Gazzetta dello Sport にコメント。

「我々にはマックスという現時点で最高の若手ドライバーとパワフルで信頼性のあるエンジンを搭載した優れたマシンがある」

「彼ら全員がホンダと契約した私は馬鹿だと言っていたが、いつものように我々は適切なポジションで終えることができた」

「例えば、日本人のプロフェッショナリズムのおかげで、我々はオーストラリアで問題なくフェルスタッペンのシャシーを変更することができた」

「最近、我々はホンダとできる限り最高のクルマを設計することについて話をしている。以前はエンジンを待ち、それらに自分たちの設計を合わせなければならなかった」

現時点でレッドブル・ホンダがメルセデスに遅れを採っているのは明らかだが、ヘルムート・マルコはホンダの助けによって追いつくことはできると自信をみせる。

「まもなく、ホンダのエンジンが進化することを期待しているし、我々は一年を通してメルセデスやフェラーリのレベルに到達できると信じている」

しかし、ヘルムート・マルコは、2019年の基本的なパッケージはすでに優れていると語る。

「シーズンをこれほど強力なクルマでスタートしたことはないい」とヘルムート・マルコは語る。

「ガスリーは予選に失敗しなければベッテルの前でフィニッシュできいていただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1