F1 レッドブル・ホンダ 2019年のF1世界選手権
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、新しいエンジンパートナーであるホンダと“ポジティブ”なスタートを着ることができたものの、2019年のF1世界選手権の序盤戦でメルセデスとフェラーリに挑戦できるかについては消極的だ。

昨年、ルノーのF1エンジンを搭載したレッドブル・レーシングは、メルセデスとフェラーリに次ぐ、コンストラクターズ選手権3位でシーズンを終えた。

今年からレッドブル・レーシングはホンダにパートナーを切り替え、ホンダのF1エンジンを搭載したRB15はポジティブな冬季テストを過ごしており、これまで大幅な改善を示唆している。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、まだチームには補わなければならない余地がたくさんあると語る。

「今週末、スタートするホンダとの新しいパートナーシップに興奮しているし、ポジティブなスタートを切っている。だが、我々は現実的な期待を抱いていなければならない」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「メルセデスとフェラーリに対して縮めなければならない大きなギャップがある。だが、我々はシーズンを通してそれを埋めることができると確信している」

今年、レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーという若手コンビでシーズンを戦う。

F1で5シーズン目となり事実上のチームリーダーの役割を果たすマックス・フェルスタッペンは「ホンダとの新しいパートナーシップによるクルマを経験できたのはとても素晴らしいことだった」とコメント。

「僕たちにとってとてもエキサイティングな時代だ」

ダニエル・リカルドに代わってトロロッソからレッドブルに昇格したピエール・ガスリーは、自分はまだ2シーズン目であり、学ばなければならないことがたくさんあると繰り返している。

「素晴らしいチャンスだ。レッドブルはおそらく最高の場所だ」とピエール・ガスリーは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1