F1 レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナーは、F1に予算制限が導入されれば、ワークスチームに有利に働く可能性があると考えている。

FIAとリバティメディアは、公平な競争の場を実現することを目指しており、2021年に1億8500万ドルを上限とし、2022年には1億6000万ドル、さらに2023年には1億3500万ドルの上限を導入することを計画している。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、予算制限の導入はかえってワークスチームが有利となる状況を招く可能性があると語る。

2021年にむけて交渉のステータスについてクリスチャン・ホーナーは「レッドブルにとって非常に重要なのは、フェラーリやメルセデスのような我々のコンペティターと同じ機会が与えられることだ」と Autosport にコメント。

「我々はF1にいた時間のなかでそれを獲得したと考えているし、いかなる財政的な制限もスポーツに公平で公正な基盤をもたらし、どのチームに対しても差別要因とならないようにすることが極めて重要だ」

「財政規制とガバナンスは、FIAが構成に監視するのが非常に難しいことであり、我々は彼らがそれをどのように提案するのかを関心を持って待っている」

「コストが下がることを望んでいないチームはF1にはいないと思う。全員がザウバーのコストまで削減することはできないし、中途半端なものになってしまうしまうかもしれない」

「どこかの時点で妥協が必要になるだろう。結局のところ、大規模チームは満足しておらず、小規模チームも満足していない。そして、それが本当の妥協だ」

F1で3番目に予算規模が大きいレッドブル・レーシングは、今年から実質的なホンダのワークスチームとして参戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / FIA / リバティ・メディア