F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、チームの競争力のあるシャシーにホンダの改善されたF1パワーユニットを搭載すれば、2019年に力強いポジションを争えると楽観的に捉えていると語る。

F1パドックでは、2019年にホンダのF1パワーユニットを搭載するレッドブルが、タイトル候補に躍り出るのではないかとの期待が高まっている。

レッドブル・レーシングは、以前に2010年から2013年にルノーとともにダブルタイトルを4連覇してきたが、F1がパワーユニット時代に突入して以降は、メルセデスが両方のタイトルを5連覇している。

しかし、レッドブル・レーシングの現在の状態、そして、ホンダの今シーズンの進歩は、レッドブル・ホンダが2019年にタイトル争いに加わるのではないかという楽観主義を呼び起こしている・

「我々には素晴らしいマシンを作りだす驚異的なチームがある。ホンダが届けてくれるであろうもう少しの馬力を得るようになれば、我々は全てのサーキットで彼らを苦しませることができるだろう」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「今年、我々は素晴らしいクルマを持っていた。我々の問題は予選と直線でのパフォーマンスだった。我々がそれに対処することができれば、より力強いポジションにいることができるだろう。全ての数値は有望だ」

ホンダは、2015年にF1復帰して以降の3年間をマクラーレンとともに苦しんだが、今年はトロロッソとともに急速な進歩を遂げている。

「我々はチームにとってホンダとのパートナーシップが正しい方向であると確信している。姉妹チームのスクーデリア・トロ・ロッソとともに急速な進歩、そして、我々と一致する彼ら野心の範囲によって、ホンダのF1へのコミットメントに感銘を受けてきた」とクリスチャン・ホーナは語った。

Sky F1のコメンテーターを務める元F1ドライバーのポール・ディ・レスタは「彼らが来年パワーを得れば、真剣なタイトル候補になる」と語る。

「このパドックの上から下まで全員が新しいレギュレーションによる落ち込みを囁いているが、レッドブルは彼らの場所に留まっている。レッドブルはホンダに『エンジンの大きさはどれくらいで、どこに進む必要があるかを言ってくれれば、我々はそれに合わせてパッケージングを行う』と伝えていると思う」

レッドブル・レーシングは、メキシコGPでマックス・フェルスタッペンが優勝。前戦ブラジルGPでもエステバン・オコンとの接触がなければ、2連勝を果たすのは確実だったと考えられており、シャシー性能の高さが改めて評価されている。

一方、ホンダはスペック3エンジンをと投入して以来、トロロッソは直線スピードを大幅に改善させており、予選でもQ3進出を果たせるパフォーマンスを見せている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1