F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダF1はレッドブルと契約し、約束したことをすべて実現していると称賛する。

レッドブル・レーシングは、2019年からルノーに代えてホンダのF1パワーユニットを搭載。ホンダは、2015年にF1復帰して以来、初めて2チームにF1パワーユニットを供給する。

ヘルムート・マルコは、2チームに供給することはホンダにとっても大きな助けになるはずだと語る。

「レッドブル グループの2チームがホンダからのPU供給を受けることは、喜ばしいことだ」とヘルムート・マルコはコメント。

「来年からは両チームの間で、技術面でもさらに密接な連携を取っていく。レギュレーションで許されている範囲で、レッドブル・レーシングのマシンであるRB14のデータやパーツをトロロッソとも共有していく」

「我々だけでなく、ホンダにとっても、グリッド上に4台のマシンを走らせ、さらなるデータを収集し、共有できることは非常に大きな助けとなるはずだ」

「これまでのところ、連携は非常に順調に進んでいるし、ホンダ製エンジンが発揮しているパフォーマンスには満足している。ロシアGPから投入された新エンジンはすばらしかったし、これまでにホンダが我々と計画し、約束したことはすべて実現している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1