F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナーは、ホンダF1が“スペック3”エンジンで果たした進歩は、2019年のパートナーシップにむけて励みになっていると語る。

ホンダは、F1ロシアGPの初日にパフォーマンスと信頼性の両面の向上のために改善を施したパワーユニット(PU)を投入。マシンへのマッチングとキャリブレーションの問題によって予選と決勝での使用は見送られたが、今週末のF1日本GPでは実戦デビューが予定されている。

F1日本GPの記者会見には、ホンダのモータースポーツ部長の山本雅史とレッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーが揃って出席。2019年にスタートする“レッドブル・ホンダ”のパートナーシップについて語った。

山本雅史は「2019年に関しては、トップチームと一緒に仕事をしていくことをとても嬉しく思っています。我々はレッドブルがF1のトップチームだと信じています」とコメント。

「我々、私とクリスチャンは一年を通して素晴らしいコミニケーションをとってきました。もちろん、プレッシャーはありますが、このプレッシャーを我々は良いエネルギーに変えていますし、この良いエネルギーは素晴らしい結果をもたらしてくれると思っています。もちろん、チーム・トロロッソ、チーム・レッドブルの両方で、2019年にむけてプレシャーを素晴らしいエネルギー、素晴らしい結果に変えていきたいです」

クリスチャン・ホーナーは「我々はホンダがシーズン中に遂げた進歩にとても感銘を受けている」とコメント。

「もちろん、現在、我々は来年RB15にエンジンを組み込むことに関して密接に仕事をしている。両社のコミュニケーションは素晴らしいと言わなければならない。ホンダの成功への努力、コミットメント、願望、決意には本当に感銘を受けている。山本さんがエネルギーについて話したが、我々レッドブル・レーシング内にも2019年シーズンへのエネルギーはまったく欠けていない」

また、ホンダの“スペック3”エンジンについてクリスチャン・ホーナーは「優れた進歩を果たしているし、それは我々にとって本当に励みになっている」とコメント。

「我々の焦点は現在のポジションにいることではない。リードするポジションにいることだ。ホンダとも同じゴールを共有している。F1のベンチマークとのギャップを縮めるための道は作られている。このスポーツで勝つためには全ての要素がパフォーマンスを発揮する必要があるし、もちろん、エンジンは重要な要素だ」

「2019年にホンダとのパートナーシップを開始することを本当に楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1