F1 レッドブル・レーシング ロシアGP
レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1ロシアGPでマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドの2台ともルノーのF1エンジンをスペックCからスペックBにダウングレードさせてグリッドペナルティを受けることを確認した。

ルノーのワークスチームとカスタマーのマクラーレンは、スペックCに信頼性の懸念があることから導入を見送っているが、コンストラクターズ選手権3位がほぼ確定しているレッドブルは、F1イタリアGPから2台にスペックCエンジンを投入していた。

前戦シンガポールGPではマックス・フェルスタッペンが2位表彰台を獲得したが、週末を通してマッピングの問題に悩まされて続けた。

クリスチャン・ホーナーは、エンジンをスペックBに戻ることでレッドブルにとってF1ロシアGPは厳しい週末になるだろうと語る。

「我々は次のレースで以前の使用を走らせる。したがって、ソチは我々にとって厳しいレースになるだろう」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「我々はこのエンジンを投入した際、リスクがあることを受け入れた。エンジンは少し多くのパワーを届けていたし、少しバグがあった」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「実際、レッドブルのメカニックは、それらのパラメータないでマッピンを出来る限るベストな状態にまとめあげるために良い仕事をしたと思う。より多くの時間と最適化ができれば、もっと良かっただろう」

「ノーマルな環境であれば、現実的にはおそらくメキシコが我々に残された最後のチャンスだと思う」

関連:2018年 F1ロシアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1ロシアGP