F1 ホンダF1
レッドブル・レーシングは、今シーズン後半にトロロッソとホンダに2019年の自チームへのF1パワーユニット供給のための準備を手助けするよう奨励している。

ホンダは今年すでにレッドブルの姉妹チームであるトロロッソにF1パワーユニットを供給しているが、201年からは本家レッドブル・レーシングに供給体制を拡大することが決定している。

レッドブル・レーシングは、ホンダが2019年のF1開発を進める手助けをするためにトロロッソが今シーズンの残りのレースでペナルティを受ける犠牲を払うことを受け入れることを望んでいる。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「もちろん、我々は決断をホンダに委ねている」と Auto Motor und Sport にコメント。

「だが、彼らが開発を通してコンマ1秒を見い出せるのであれば、例えそれによってトロロッソがペナルティを受けることを意味するとしても、もちろん、彼らはレースでその開発にトライすることができる」

SpeedWeek は、ホンダがすでに2019年の開発を進めていると報じているが、ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、“いつ投入するかは決定していない”が、次のアップグレードである“スペック3”の開発を行っていると語る。

「我々は将来を見据えながら、現在に焦点を当てています」と田辺豊治はコメント。

「トロロッソとレッドブルが一緒に働くことは、我々にとって利益でしかありません。我々が行っている全ての議論はレッドブル・テクノロジーが中心となっています」

ホンダのモータースポーツ部長を務める山本雅史も「ホンダのレース技術研究本部に関しては、もちろんスペック3の詳細に取り組んでいくつもりです」とコメント。

「ですが、同時に来年のスペックに関しても非常に集中していく予定です。今年のスペックはだいたい全て決定されているので、今年の後半からは来年のスペックの開発にかなり集中していくことになります」

レッドブル・レーシングは、現在のサプライヤーであるルノーに大きなプレッシャーをかけているが、田辺豊治はそのプレッシャーは今後ホンダに移っていくことになると認める。

「我々はそれを承知しています」と田辺豊治はコメント。

「ですが、我々はすでにプレッシャーを感じていますし、今もそのなかで仕事をしています。我々はその2つのレーシングチームと非常に効率的に仕事をしていけることはわかっています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル