F1 レッドブル・レーシング クリスチャン・ホーナー スクーデリア・フェラーリ
レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、F1は“身代金”を払ってまでフェラーリをF1に残るようたしなめるべきではないと述べた。

フェラーリは、2021年の新F1エンジンレギュレーションに強く反対しており、リバティメディアはF1の技術について何もわかっていないと主張。F1からの撤退も辞さないという強硬な姿勢をとっている。

だが、クリスチャン・ホーナーは「F1の歴史で最も成功したエンジニアのひとりであるロス・ブラウンに失礼だと思う」と El Confidencial にコメント。

「リバティメディアはビジネスを十分に理解していると思うし、何がベストかを決めるかは彼ら次第だ」

フェラーリとメルセデスは、新しいエンジンフォーミュラと予算キャップを含めた2020年以降のF1のプランに反対するという点で共闘姿勢をみせている。

「フェラーリやメルセデスにとっては悪いことかもしれないが、F1をどうしたいかを決めるのはリバティメディアでなければならない」

「2つの戦場になることは避けられない。FOMとFIAがルールを作るし、その一員になるかどうかを決めるのはチームの責任だ」

クリスチャン・ホーナーは、その点ではレッドブルとしてはレギュレーションメーカーに委ねていくつもりだと語る。

「我々には何の影響力もない。この世界選手権はFIAとFOMが管理しており、彼らが何を望んでいるかを知るのは彼らの仕事だ」

「もちろん、全員がフェラーリが継続することを望んでいるし、あのような象徴的なチームと戦うのは素晴らしいことだ。だが、身代金を払ってまでF1に慰留するのは間違いだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル