ピエール・ガスリー
ピエール・ガスリーは、2017年もレッドブルのF1プログラムの一員のままのようだ。レッドブルのドライバー育成プログラムを率いるヘルムート・マルコが語った。

ダニール・クビアトが苦しんでいるなか、GP2でチャンピオンを争うピエール・ガスリーは、2017年のトロ・ロッシのF1シートの最有力候補だとされてきた。

しかし、トロ・ロッソは2017年もダニール・クビアトを起用することを発表。ピエール・ガスリーは、ためらうことなく失望の意を述べている。

「これから僕は前を向いて、他のオプションを捜していかなければならない。でも、僕は彼らが間違った決断をしたことを証明してみせるつもりだ」とピエール・ガスリーは述べた。

2017年もダニール・クビアトがトロ・ロッソに残留したのは、フォース・インディアが関心を示したからだとされている。

「残念ながら、我々はGP2シーズンを待つことはできなかった」とヘルムート・マルコは Canal Plus に述べた。

「だが、ピエールはレッドブルのリザーブドライバーであり、シミュレーターでの仕事を続けていく。我々は来年の彼のチャンピオンシップを選んでいるが、そのチョイスはGP2の結果次第だ」

ピエール・ガスリーと同じフランス人のレジェンドであるアラン・プロストは、レッドブルの決定は、ダニール・クビアトが2016年に嵐のようなシーズンに耐えたことへの返答だと考えている。

「いくつか適切な結果は残しているが、彼の契約延長は、彼に対する感謝だと考えることができる」とアラン・プロストは述べた。

「我々全員がピエールが居場所を得ると考えていた。だが、ある意味、それはレッドブルの理論と一致している。彼らは彼ら自身のマイスターであり、必ずしも理解するのは簡単なことではない」

ピエール・ガスリーには、2017年に他のF1チームとの噂もあるが、アラン・プロストは実際には移籍の可能性は低いと考えている。

「育成プログラムのいくつかはトラップだ。特にレッドブルのプログラムはね。ドライバーが身動きが取れないことがある。彼は契約しているので、望んだことをすることはできない」とアラン・プロストはコメント。

「F1には22台しかないし、良いチャンスを生かすためには正しい時に正しい場所にいる必要がある。それは必ずしも簡単ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ピエール・ガスリー