レッドブル
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、レッドブルが長年のエンジンパートナーであったルノーと決別することを決めたのは無理のない話だと語った。

レッドブルの総帥ディートリッヒ・マテシッツとはか親交の深いゲルハルト・ベルガーは、マテシッツがルノーと手を切るという決断をしたことに驚きはしなかったと Servus TV に語った。

「今回のルノーとの決別は予想されていたことだ」とゲルハルト・ベルガーはコメント。

「過去数カ月間、レッドブルとルノーの間には明らかに隔たりが生まれていた。特に過去2年間にレッドブルが非常に不満を抱えていたことを私は知っているからね」

「ルノーには、その打開に向けて真剣に取り組むことを示すチャンスはあった。メルセデスに対抗するために、もっと資金と人材をつぎ込めばそれでよかった」

「だが、ルノーはそういう姿勢を決して見せなかった。それどころか、メルセデスが巨額の予算を投じて最高の技術を磨き上げていたときに、彼らは現状維持で行くばかりか、撤退さえちらつかせていた」

ゲルハルト・ベルガーは、ルノーと決別したレッドブルが、かつて自分がドライバーを務めていたフェラーリのエンジンを搭載することになるのは歓迎だと述べた。

「フェラーリは追いつくためにできることはなんでもやろうとしている。彼らは本当に良い仕事をしているし、疑いなく2番目に強いエンジンを作り上げた。まだメルセデスとは大きな差があるにしてもね」

「だが、フェラーリのエンジンがルノーよりはかなりいいのは間違いない。実際、ルノーではいつもまったく問題はないと言っているにも関わらず、ほとんど改善したようには見えないしね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ルノー