レッドブル
レッドブルは、2014年シーズンの開幕戦にむけて危機感を募らせている。

今年のプレシーズンテストでは、ルノーのパワーユニットにトラブルが多発しており、ルノーのパワーユニットを搭載するチームは壊滅的といえる時間を過ごしている。

最終バーレーンテストにむけて、ルノーは改良版のパワーユニットを導入しているが、いまだトラブルは絶えない。

レッドブルのヘルムート・マルコは「なんとかしてメルボルンで生き残らなければならない」と Sport Bild に述べた。

ヘルムート・マルコによると、ルノーの問題のパワーユニットは、プレシーズンテストをリードしているメルセデス勢に対してしばしば165馬力を失っており「ストレートで約30km/hだ!」とコメント。

「そういうわけで我々はフランスにタスクフォースを送った」とヘルムート・マルコはルノーの本拠地であるヴィリーに言及。

「我々のスタッフは、ルノーが新しいソフトウェアプログラムを書くのを手伝っている」

パドックでは、フェラーリのパワーユニットもメルセデスより75馬力低いと噂されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル