エイドリアン・ニューウェイ
レッドブルのデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイは、ピレリのシーズン途中のタイヤ仕様変更がタイトル4連覇の助けになったと認めた。

ピレリは、F1イギリスGPでのタイヤバースト問題を受けてベルトをスチール製から昨年のケブラー製に変更。セバスチャン・ベッテルはその後、6連勝を果たして先週末のF1インドGPで4度目のタイトルを獲得した。

レッドブルはタイヤ変更を強く求めてチームであり、エイドリアン・ニューウェイが2012年タイヤがチームのパフォーマンスを後押ししたことを認めた。

「2012年タイヤに戻ったことが我々を助けたのは明らかだ」とエイドリアン・ニューウェイは L’Equipe に述べた。

「我々のクルマは高速コーナーで非常にうまく機能している。そこは2013年タイヤで最も苦しんだ部分だ。それらはかなり簡単にダメージを負ってしまい、我々が他チームに持っていたアドバンテージをあまり生かせなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル