レッドブル RB8
レッドブルのデザイナーを務めるエイドリアン・ニューウェイが、RB8の開発プロセスについて語った。

最近の成功は、連続性を持ってそれを維持することへのプレッシャーになりますか? それともプレッシャーを軽減していますか?
ここ数年は本当に良かったし、本当に成功だった。信じられないような旅だった。今年でRB5の4度目の進化だし、もちろん、出来るのであればそこに留まっていたいというプレッシャーはある。

難しいタスクだったし、我々が開発し、おそらくここ数年で集団の前にいることができた排気アウトレット位置の規制によって、排気テクノロジーを失った。冬の間に大きく再考することになった。もちろん、それが他よりも多くの影響があるかどうかはわからない。我々は昨年マシンRB7をエキゾーストを中心にデザインした。おそらくそうしたのは我々だけだろう。なので、それに関しては他よりも多くを失うことになるかもしれない。時間だけが教えてくれることだ。何度かテストで走ってみて、我々がどの位置にたどり着けるかを確認するのは楽しいことだ。

それにはフラストレーションを感じましたか? それともより挑戦のしがいがありましたか?
エキゾーストを失ったレギュレーション規制に少しフラストレーションを感じたのは事実だ。それらは厳密であり、制約事項であり、新しいチャンスや利益を与えていない。ただドアを閉めているだけだ。レギュレーション変更は楽しいが、レギュレーション規制は嘆かわしいことだ。

RB8でブロウン・ディフューザーを取り除くことにどのように対処しましたか?
RB7はエキゾーストを中心に設計された。今年、エキゾースト位置が取り除かれるだろうことは去年からわかっていたし、立ち戻り、ここ1〜2年そのエキゾースト出口を採用してきたマシンをどのように開発するか調べなければならなかった。そのエキゾーストポジションで適切だったものを確保するために今のエキソーズトポジションを再び評価しなければならなかった。おそらく重要なひとつはリアの車高だ。エキゾーストにより、リアの車高を高く走らせることができていた。それなしでリアの車高を維持するのはかなり難しく、立ち戻って、低い車高を中心としたマシンを再開発しなければならない。

他の大きな変化はノーズの高さです。それは困難でしたか?
ノーズ高の制限は、フロントバルクヘッド前方の最大高だけであり、シャシーのシェイプにはそれほど変更はない。我々は多かれ少なかれ同じシャシーのシェイプを維持しているが、フロントバルクヘッドの前方のノーズだけは低くしなければならなかった。他の多くのチームと同じように、少し醜いルックスのノーズだと言えるかもしれない。できる限り最高のスタイルにトライしたが、レギュレーションのためでなければ選ばないであろう特徴だ。

RB8は、RB7の進化版だと言えますか? それとも多くの面を再考しなければなりませんでしたか?
RB8は、2009年マシンRB5の4世代目だと言える。RB8は、RB5の素晴らしい孫だ。

関連:
レッドブル、RB8を発表 - 2012年2月6日
レッドブル RB8 - 主要諸元表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル