インフィニティ
インフィニティは、レッドブル・レーシングとのタイアップの一部としてレッドブルのエンジンブランドをルノーからインフィニティに変更することは望んでいない。

報道では、インフィニティとレッドブル・レーシングとのパートナーシップにより、レッドブルは2011年にルノーエンジンの名称をインフィニティに変更するとされていた。

関連:
レッドブル、インフィニティとのスポンサー契約を発表

だが、ルノーはエンジン名称だけでなく、昨年よりもレッドブルのマシンでのロゴの存在感をさらに高めており、ルノーのロゴはRB7のエンジンカバーとドライバーのバイザーに掲載される。

インフィニティのロゴはRB7のリアウイングとノーズ、ドライバーのレーシングスーツに掲載される。

エンジン名称を変更する計画はあったかと質問されたインフィニティのアンディ・パーマー副社長は「ない。インフィニティは本物であることを大切にしている。エンジンの名称変更は、その定義には当てはまらない」

「いずれにせよ、ルノーと日産には強い繋がりがある。アライアンス・パートナーシップを通じて、ルノーは日産の44%を、日産はルノーの15%を所有しているので、そこには強い繋がりがあるが、単にエンジンのバッチを変更することは本物とは言えないだろう」

「ルノーはレッドブルのエンジンサプライヤーであり続け、我々の関与はマシンそのものに対する協力になる」

レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、チームとインフィニティのパートナーシップはルノーとの関係に影響しないと述べた。

「ヴィリ・シャティオンの同僚と緊密に仕事を続けていく。彼らの名称は当面マシンに残ることになる」

「ルノーは、提携を通じて日産とインフィニティに我々を紹介してくれた。このパートナーシップはルノーと並行して機能する。だが、(2013年からの)将来のエンジンがどうなるかを見据えながら、将来の技術に集中する可能性はある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルノー