キミ・ライコネン、F1マシン初走行は「3周で首を上げられなくなった」
アルファロメオF1のスポーティングディレクターを務めるビート・ツェンダーはが、20年のF1キャリアに終止符を打ったキミ・ライコネンのザウバーでのキャリアの初期を振り返った。

キミ・ライコネンは、昨年のF1アブダビGPで20年間レースをしたF1を引退した。マクラーレン、フェラーリ、ロータスでレースで輝かしいキャリアを築いたキミ・ライコネンは、2つのスティントをF1デビューを飾ったチームであるザウバー(現在のアルファロメオ)で締めくくった。

30年間チームに従事し、現在はスポーティングディレクターを務めるビート・ツェンダーは、チーム代表のペーター・ザウバーの目にとまったキミ・ライコネンが2000年後半にテストを受けたときのことを振り返った。

20歳のキミ・ライコネンは、レギュラーレースドライバーのペドロ・ディニスとともに要求の厳しいムジェロ・サーキットでF1マシンでの初走行を行った。

「彼はペドロ・ディニスと一緒にテストをしていて、すぐに同じレベルのラップタイムを出した」とビート・ツェンダーはRacingNews365.comのインタビューで語った。

「そして、彼は大きな身体的問題を抱えていた。ムジェロは身体的に非常に厳しいので、ルーキーがテストを開始するのに最適なコースではない」

「キミは大きな問題を抱えていた。3周で首を上げることができなかったので、3周のスティント、15分の休憩、3周のスティントを行った」

「ヨゼフ(レベラー/ザウバーのフィジオ)はその間ずっとマッサージを行っていたが、すぐに彼が才能があることが明らかになった」

キミ・ライコネンのパフォーマンスは、ザウバーがすぐに2001年に契約したいと思うほこ目を引くものだった。

「テストの直後に『やってみよう』と言った」とビート・ツェンダーは語った。

「スーパーライセンスがないなど、いくつかの障害があった。ピーター(ザウバー)は、すべてのチームプリンシパル、FIA、バーニー(エクレストン)を説得する必要があった。当時、マクラーレンのロン・デニスのようなにそれに反対するチームプリンシパルがいた」

皮肉なことに、ロン・デニスはわずか1年後にマクラーレンを離れるミカ・ハッキネンの後任としてキミ・ライコネンと契約した。だが、マクラーレンチームのボスは当初ライコネンの経験不足に非常に懐疑的だったとビート・ツェンダーは語った。

「彼は完全にそれに反対し、経験のない若い子供たちをF1に連れてくれば、ドライバー市場を完全に破壊することになると言った」とビート・ツェンダーは語った。

「キミは、フォーミュラ・ルノーで23回レースをしただけで、2~3のシリーズを飛び越えた。ピーターのおかげでライセンスを取得し、ヨセフのおかげで身体的な観点からF1カーを運転することができた」

最初の課題は、キミ・ライコネンの身体的な基準に引き上げることだった。ライコネンにとってそれは特に不満な作業だった。

「テストの後、我々はキミにオーストリアのアルプスでジョセフと1ヶ月過ごすように頼んだ」とビート・ツェンダーは説明した。

「キミはフィンランドに帰りたかったので激怒した。我々は『いや、いや、F1ドライバーになりたいのなら、一緒に仕事をしなければならない』と言った。そして、最初の2日間、彼はヨセフと口を利かなかった。彼はとても怒っていたよ!」

キミ・ライコネンは、2001年のオープニングレースで6位でフィニッシュし、初めてポイントを獲得した。当時のポイントはトップ6しかカバーしていなかった。

しかし、キミ・ライコネンの「アイスマン」の性質の最初の兆候は、その週末オフトラックで有名になった。

「レコノサンスのためにピットレーンが開く10分前に誰もキミを見つけることができなかった」とビート・ツェンダーは笑った。

「我々はトイレに探しに行ったし、至るところを探したが彼はいなかった。ドライバーズルームにブランケットがかかったケータリングテーブルがあったが、彼はそのテーブルの下に寝ていた!」

「我々は『キミ、キミ、10分で最初のレースに出なければならない!』と言った。彼は言った「あと3分くれ!』と言っていたよ」

「彼はすでにとてもクールなキッズだった。その後、彼は実際にはレースを7位でフィニッシュしたが、我々は(オリビエ)パニスがイエローぐらっふでオーバーテイクしたことを抗議した」

「FIAが映像を見つけるまでには長い時間がかかった。映像を取得するのにかなりの時間がかかった。キミはすでにホテルにいた。我々は彼に電話して『メイト、君は最初のレースを6位で終えた。最初のチャンピオンシップポイントだ!』と伝えた。彼の答えは『僕の前にはまだ5人いる!』だった。それが彼の姿勢だ。彼はとても特別な人だ」

キミ・ライコネンは、最終戦に先立ってザウバー/アルファロメオから大きな見送りを受けた。ビート・ツェンダーは2007年のF1ワールドチャンピオンとの関係を振り返った。

「お互いに無価値なことは決してしないというが、キミと私の関係だった。お互いに嘘をついたことはない。我々は常にオープンだった」とビート・ツェンダーは説明した。

「最初の年から彼はチームの考えに従わなかった。彼には彼自身のキャラクターがある。彼はすでにその当時のPRイベントを嫌い、PRイベントやインタビューから抜け出そうとした。そして、時々、彼に何をするべきか言わなければならなかった」

「マシンに給油をしていた当時、私は燃料レベルを常に把握していた。後にレースの燃料レベルを申告する必要があったが、以前は、どの燃料レベルを走らせていたのかは謎だった。私はキミが走っている燃料レベルを常に知っていたが、彼は我々がどれくらい走らせているかを知っていた。我々は情報を漏らしたことはなかった」

キミ・ライコネンは、2001年の終わりにF1に参加するチャンスを与えたザウバーを離れ、マクラーレンに移籍した。

ビート・ツェンダーは、チーム代表であるペーター・ザウバーが、キミ・ライコネンの才能をザウバーに拘束するためにマクラーレンと戦おうとしないことを選択したことを明らかにした。

「彼(キミ)はペーター・ザウバーに去りたいと手紙を書いた。それで終わりだ」とビート・ツェンダーは言った。

「もし、残留することに満足していないドライバーがいるなら・・・彼はチームに残留することに満足していただろうが、当然、ワールドチャンピオンチームからのオファーがあれば・・・。ペーターはキミをキープして、モチベーションのない彼をチームが起用するよりは、むしろ放出したいと言った。モチベーションのないキミと一緒に仕事をするのは素晴らしいことではない!」

キミ・ライコネンは、F1を去ったが、ビート・ツェンダーはライコネンとの個人的な関係は続くと信じている。

「時代は終わった。私が知る限り、キミはスイスに滞在する。彼らはそこを快適に感じており、子供たちはそこで学校に通っている。彼は私が住んでいる場所からそれほど遠くない。たまに会うことは間違いないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / ザウバー / アルファロメオF1