キミ・ライコネン 「過密なカレンダーがF1引退の理由ではない」
キミ・ライコネンは、2022年の23戦のF1スケジュールは、今シーズン限りでF1を引退という決定とは関係ないと語る。

キミ・ライコネンは9月にソーシャルメディアでF1引退を発表。2001年にザウバーでスタートし、2007年にフェラーリでのF1ワールドチャンピオンを獲得したキャリアに幕を下ろす。

アイスマンの愛称で親しまれたキミ・ライコネンは、メディアへのぶっきらぼうな対応とさりげない態度で人気を博した。

現在、父親であるキミ・ライコネンは、家族と一緒に家でもっと時間を過ごしたいという願望を秘密にしていないが、2022年の23戦という過密スケジュールがF1引退の決定を加速させたという考えを拒否した。

カレンダーがF1引退という決定を引き起こしたかと質問されたキミ・ライコネンは「ノー」とシンプルに答えた。

「僕が始めたとき、私たちは14戦だったし、他のとくも14~15戦だったと思う。最初の年はそれくらいだった」

「違ってはいたけど、レースの合間にテストがあった。実際には、レースに出場して、2~3日してから次のレースに行くよりも、レースが多いほうがいいと思う」

「だから、レースが少なかったとしても、その意味では楽だったとは思わない」

トリプルヘッダーの間はどのように時間を過ごしていたかと質問されたキミ・ライコネンは「すべてのレースの間は家にいた」と付け加えました。

「もちろん、たとえば2日だけだったとしても、僕はその時間を楽しんでいるし、時差ぼけに関しても大きな問題は発生していない」

キミ・ライコネンは、自分は今年の22戦のスケジュールでも苦労は比較的少ないが、メカニックにとってははるかに困難なことだと語る。

「彼らにとってはは難しいことであり、問題は、これで多くの人々を焼き尽くてしまことだ。誰にとっても良いではない」とキミ・ライコネンは述べた。

「観客にとっては、たくさんのレースをするのはいいことだと思うけど、実際、仕事をしている大部分の人にとってはとても難しいことだ」

「それに対処するには、ある意味で良い方法が必要だと感じている。雇うお金がないので、もっと多くの人を雇うという選択肢だけではないこともあるので、少し注意が必要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アルファロメオF1