キミ・ライコネン 「F1ポルトガルGPでのクラッシュを息子にイジられた」
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、先週末のF1ポルトガルGPでのクラッシュについて、息子のロビン君からからかわれたことを明らかにした。

キミ・ライコネンは、オープニングラップのストレートでチームメイトのアントニオ・ジョビナッツィのリアにぶつかってリタイア。ステアリングホイールのスイッチを変更することに気を取られていたと説明していた。

キミ・ライコネンは、クラッシュについて6歳の息子ロビン君にからかわれたことを明らかにした。

「息子に、ゴーカートを運転しているときに『いつも前を見るように言っているよね」と言われてしまったよ」とキミら・ライコネンは語った。

「彼は僕をちょっとからかっていた・・・」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アルファロメオ・レーシング