キミ・ライコネン、F1ロシアGPでバリチェロの最多出走記録に並ぶ
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、今週末のF1ロシアGPでルーベンス・バリチェロが保持するF1最多出走記録に並ぶ。

2001年にザウバーでF1デビューしたキミ・ライコネンは、前戦F1トスカーナGPで321戦のスタートを切り、ルーベンス・バリチェロの記録まであと1戦に迫っている。

ルーベンス・バリチェロは、2008年にリカルド・パトレーゼが保持していたF1最多出走記録を破り、最終的に322戦まで記録を伸ばして2011年にF1を引退した。

キミ・ライコネンは、F1でのフルシーズン中に5戦を逃しているが、今週末のF1ロシアGPでルーベンス・バリチェロの記録に並ぶことになる。

F1で300戦以上のスタートを切っているドライバーは5人。311戦のフェルナンド・アロンソと306戦のミハエル・シューマッハがいる。

しかし、キミ・ライコネンは記録にはそれほど関心を示していない。

「ほとんどのスポーツでどこかの時点ですべての記録は破られるものだと思っている」とキミ・ライコネンはコメント。

「それが常に起こってきたことだ。何度も切ってきたけど、僕にとってそれは何の意味もないことだし、何も違いは生まない」

「もしかしたら、将来、物事を振り返ったときにはどんな数字も違って見えるかもしれない」

「でも、今はただのまた別のレースという感じだ。良いレースにしたいし、どんな結果になるか見てみるつもりだ」

キミ・ライコネンは、F1キャリアで21勝、103回の表彰台を獲得している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / ルーベンス・バリチェロ / アルファロメオ・レーシング