キミ・ライコネン
キミ・ライコネンが、2010年はF1活動を休止することをマネージャーが明らかにした。

キミ・ライコネンは、フェラーリとの契約を1年前倒しで解消。来年、F1に留まるならトップレベルのクルマが保証されるマクラーレンしか選択肢はないと語っていた。

しかし、ジェンソン・バトンのマクラーレン移籍はほぼ確定とされるなか、ライコネンのマネージャーであるスティーブ・ロバートソンは、火曜日の夜にマクラーレンとの議論は決裂したことを明らかにした。

「来シーズンのF1での選択肢は、マクラーレンかそうでないかだ」とスティーブ・ロバートソンはフィンランドの“Turun Sanomat”にコメント。

「キミとマクラーレンは合意に達すことができなかった。だから、彼はF1レベルではドライブしない。少なくとも来年はしない」

「1年間の空白は、キミにとっては意味のないことだ。彼は、勝利のために戦うことにより関心がある。F1はキミを失う。彼は夏の間、懸命に働いた。フェラーリでできるのは、最高のドライバーだけしかできない。

この決定でジェンソン・バトンのマクラーレン移籍は、ほぼ確実とみてよいかもしれないが、ライコネンとマクラーレンとの交渉決裂には、それ以前に障害があったとみられている。

ライコネンとマクラーレンは、報酬に関してだけでなく、多くのスポンサーイベントへの参加、自由にラリーをできるかといった意見の相違があったとされている。

ライコネンの関心は、レースに勝てるクルマだけなので、2011年の彼の最高の選択肢はレッドブル・レーシングだと考えられる。マーク・ウェバーとの契約は、来シーズン末で終了するため、理論的にレッドブルのひとつのシートが空くことになる。

ライコネンが来年なにをするかは明らかになっていないが、来年F1に戻ってくるまでの間、WRCに参戦する可能性もあり、レッドブルがライコネンのラリー計画に関与するかもしれないとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン