F1 キミ・ライコネン アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングのF1チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、キミ・ライコネンのコミットメントと熱心な関与のおかげで彼との関係が“パーフェクトに機能している”と語る。

シャルル・ルクレールのフェラーリ加入は初年度の勢いを考えれば驚きではなかったが、38歳のキミ・ライコネンがザウバー/アルファロメオと2年契約を結んで現役を続行したことには多くの人々が不意を突かれた。

キミ・ライコネンはシーズン前半の12戦で31ポイントを獲得して、アルファロメオ・レーシングのコンストラクターズ選手権に大きく貢献。フレデリック・ヴァスールは、チームの着実な進歩に対するライコネンの貢献を称賛する。

「キミとの利点は、昨年彼が署名する前からあった。我々はチームについて、プラスとマイナスのポイント、改善できる箇所、改善しなければならない箇所がについて何時間も議論した」とフレデリック・ヴァスールは Autosport に語った。

「我々は会社の実際の状況について非常にオープンだった。そして、我々が問題を抱えていたとしても、今では彼は驚かないことはわかっている。彼は以前からそれを知っていた」

「彼はこのプロジェクトに全面的にコミットしている。昨年彼がフェラーリとどのように過ごしたかはわからない。私はそこにいなかったからね。だが、我々にとってはパーフェクトに機能している」

ザウバーは、2001年にキミ・ライコネンのすべてが始まったチームだ。2001年、ペーター・ザウバーはまだ未熟な22歳のキミ・ライコネンにF1カーを託した。

2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンが、フェラーリというビッグチームからザウバーに戻るという決断には、チームへの関与レベルについていくつかの疑念を生んだ。

「私にとって最も重要なことは、彼がコミットしていることを確認することだった・コミットメントとは、彼がファクトリーに立ち会って、スタッフをプッシュし、要求するかという意味だ」とフレデリック・ヴァスールは語る。

「彼の要求が厳しいし、彼にリラックスしてほしくありません。まったくそうはなっていない」

「私はチームに所属する人々には結果を求めてもらいたい。それはエンジニアにとっても良い状況であり、重要なことだ」

「しかし、彼はフェラーリやメルセデスにいないこと、2週間ですべてを修理することはできないことをすでに理解している」

ミッドフィールドチームであるアルファ・レーシングの雰囲気は、フェラーリなどのチームで常に取り巻いてプレッシャーとは明らかに対照的だ。そして、キミ・ライコネンはその非類似性を最も高く評価している。

「そういった心理的側面は非常に重要だ」とフレデリック・ヴァスールは付け加えた。

「彼は雰囲気を好んでいる。我々は議論をするが、率直で、白黒はっきりしている。正直、我々と一緒にそれを管理するのはとても簡単だ」

「私は現在の状況にとても満足している。彼はマシンで素晴らしい仕事をしており、毎週ファクトリーに来て、全力を尽くしています。これ以上は求められない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アルファロメオ・レーシング