F1 キミ・ライコネン アルファロメオ
キミ・ライコネンは、マシンを運転する以外の責任が少なくなっていることで、アルファロメオ・レーシングでのキャリアを非常に幸せに感じていると語る。

昨年末でフェラーリを離れたキミ・ライコネンは、2001年にF1デビューを果たしたザウバーと2年契約を締結。アルファロメオ・レーシングと名前を変えたチームで伸び伸びとレースを楽しんでいる。

ひとつの変化として、フェラーリ時代のようにPR活動に追われることは少なくなっている。

「もちろん、全体像としては、もっと速くなって、もっと良い結果を得たい。でも、そうならない場合、仕事をするようにったときにそれはとても素敵なことだった」とキミ・ライコネンはコメント。

「フェラーリや他チームほど多くの人々はいないと言えるし、その点では少し足りない場所がかもしれない。でも、それが違いであることはわかっているし、それがビッグチームと小規模チームとの違いだ」

「それとは別に、僕はレース外で自分が望むことをするためのより多くの自由を与えた。常にいろいろな宣伝をする必要はない。おそらく人々が考えているよりもはるかに感謝している。僕とっ自分自身の時間はプライスレスだ。そこは間違いなくはるかに良くなっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: キミ・ライコネン | アルファロメオ・レーシング