F1 キミ・ライコネン
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンは、F1スペインGPの決勝レースを14位でフィニッシュ。今シーズン初めてノーポイントでレースを終えた。

今週末、パフォーマンスに苦しんだキミ・ライコネンは予選でQ2敗退を喫して14番グリッドからスタート。オープニングラップではコースオフを喫するなど精彩を欠き、ポイントを争うことなくレースを終えた。

「何と言えばいいのか? 2日間のテストがあるのはいいことだんえ。僕たちにはそれが必要だし、何が問題かを理解できることを願っている」

「全体的に簡単な週末ではなかった。とは言え、レースの最後は前の人たちと同じスピードがあったけど、僕たちにできることは限られていた」

「1周目に飛び出したのもよくなかった。スタート後に順位をいくつか上げようと必死に頑張ったけど、滑りやすくて膨らんでしまった」

「かなりがっかりしているけど、さっき前にも言ったように、テストが状況を変える助けになってくれることを願っている」

関連:【動画】 2019年 F1スペインGP 決勝 ハイライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アルファロメオ・レーシング