F1 キミ・ライコネン セバスチャン・ベッテル
キミ・ライコネンは、今シーズン限りでフェラーリを離れ、チームメイトとしての4年間が終わりを告げるとしても、セバスチャン・ベッテルとの関係が変わるとは考えていないと語る。

セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンは、プライベートでも親交があることで知られていたが、2015年にセバスチャン・ベッテルがフェラーリに加入して以降、チームメイトとしてF1を戦うことになった。

フェラーリは、2019年にキミ・ライコネンに代えてシャルル・ルクレールを起用することを決定。最終戦アブダビGPがフェラーリドライバーとしてのキミ・ライコネンの最後の出場となった。

2019年はチームメイトとして一緒にレースをすることはなくなるが、キミ・ライコネンはセバスチャン・ベッテルとの友情か変わらないと語る。

「お互いによく会うことになると思っている」とキミ・ライコネンはコメント。

「初めて会った時から今日まで何も変わっていないと思うし、同じチームでレースをすることがなくなっても、何かが変わるとは思わない」

「僕たちは友人のままだし、一緒に移動したり、お互いに会いに合ったりしていくと思う」

シャルル・ルクレールは、セバスチャン・ベッテルに対して、キミ・ライコネンよりも強い挑戦を挑んでくると考えられているが、セバスチャン・ベッテルは、フェラーリ内の競争が変わることはないと考えている。

「ルクレールはいい子だ。コース上で何が間違ったことが起こるとは思っていない」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「キミと僕がライバルであるのと同じようにライバルになると思う。僕たちは常に1番になりたいと思っているし、それを実現したければ、他の全員を倒さなければならない。チームメイトもね。どうなるか見てみよう」

「それに僕たちがフェラーリを勝利の道へ戻したいと思っていることもわかっている。もちろん、僕と比較して彼はキャリアの異なるポイントにいるけど、時間が教えてくれるだろう。今、僕が分っていることでは、彼はいい男だと思うよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: キミ・ライコネン | セバスチャン・ベッテル