F1 フェラーリ 日本GP
フェラーリのキミ・ライコネンは、F1日本GPの決勝レースを5位でフィニッシュした。

「マックスとの接触で、クルマからパーツが飛んでいくのが見えた。左側はかなり酷いダメージを負っていた。もちろん、それは残りのレースに悪影響を与えた」とキミ・ライコネンはコメント。

「起こったことは不運だったし、その後、運転するのはかなり難しかった。多くのダウンフォースを失っていたけど、僕にできることはあまりなかった。シケインでのあの事故がなければ僕たちのパフォーマンスがどうだったかを知るのは不可能だ」

「僕たちは週末を通してクルマを改善させていたし、どんどん良くなっていたけど、残念ながら、今日はこれが僕たちが得た結果だ。全体的に難しいイマイチな週末だったし、結果は理想的なものではなかった」

「これから全てを詳しく調べていく必要があるし、次のレースでは戦えるもっとノーマルな状況に戻れることを期待している」

関連:F1日本GP 結果 | ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: キミ・ライコネン | F1日本GP