キミ・ライコネン WRC クラッシュ
キミ・ライコネンのWRC初挑戦はクラッシュで幕を閉じた。しかし、ライコネンは「スポーツの一部」だと語り、WRCデビューが非常に楽しかったとコメントした。

ラリー・フィンランド2日目、キミ・ライコネンはエンジンにトラブルを抱えながらも、クラッシュするまで総合15位を走行していた。

しかし最終ステージとなるSS19で、ライコネンのアバルト・グランド・プントS2000は溝にハマって横転した。観客がなんとか引っ張りだしたが、競技を続行するにはあまり損傷が酷く、リタイアすることとなった。ライコネンとコ・ドライバーのカイ・リンドストロームに怪我はなかった。

ライコネンは、事故がコーナーへのアプローチで間違ったラインをとってしまったためだと説明した。

「その場所はわかっていたけど、ラインがあまりにワイドになってしまった。ワイドにいくつもりだったけど、残念なことに多くの岩があって、それらに当たってクルマは壊れてしまった」

「僕たちはエンジンにあまりに問題を抱えていたので、ラリーをフィニッシュできないだろうと思っていたんだ! でも、すごく楽しかったし、誰も怪我をしなかった。ラリーの一部だよ」

コ・ドライバーのカイ・リンドストロームは、損傷の範囲が大きいため、日曜日にスーパー・ラリーで復帰することを否定。キミ・ライコネンが成し遂げたことを誇りに思っていると語った。

「彼はスピードがあることを証明した。ラリーの前には誰にもはっきりとはわからなかったことだ。ラリーを完走することがここでは肝心なことだが、エンジンの状態が悪いことはわかっていた」

「キミは埋め合わせるためにエンジンを酷使していなかった。それが非常にトリッキーなコーナーで間違ったラインに至ってしまった全てだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / フェラーリ / F1動画 / WRC (世界ラリー選手権)