キミ・ライコネン
キミ・ライコネンは、シンガポールでの悪夢のような週末で今年のワールドチャンピオンシップの望みが潰えた現在のフェラーリでの状況に落胆を隠せないようだ。

ライコネンは、ここ4レースをノーポイントで終え、事実上タイトル争いから脱落した。

「正しい言葉を見つけるのは難しい。夜のレースでも日中のレースでも、明らかに今年は僕の年ではなかった。」

「シンガポールでは、ほんの残り数ラップで僕は壁に衝突した。実際、僕は優勝のためにレースをしていなかったけど、チームのために非常に重要な数ポイントだった。スパのように終わり、再びDNFだった。」

「状況を改善しようとすればするほど、完走できなかった。その点で、僕は全てが正しい方法を向いた週末を期待している。」

「再びシンガポールでは、望みどおりのスピードがあったけど、それはあまり必要ではなかった。ファステストラップは、実際に価値ある状況に結びつけなければ、何の価値もない。」

「明らかに今回の状況を本当に悲しんでいる。この暗い時代を説明することはできないし、起こってしまったことは変えることはできない。最後の3レースのために前を向かなければならない。」

ライコネンは、最後の3レースでチームメイトのフェリペ・マッサのサポート役を演じることになるだろう。

「チームにとても申し訳なく思う。彼らはF2008改善するために素晴らしい仕事をしてくれた。それらを無駄にしたことを悲しく思う。でも、僕たちは最後の3つのグランプリで勝つために必要なものを思っている。これを最後に、金曜から日曜な午後までスムーズな週末になることを期待している。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / フェラーリ