キミ・ライコネンの2021年04月のF1情報を一覧表示します。

キミ・ライコネン 「ミッドフィールドの誰とでも戦える」

2021年4月29日
キミ・ライコネン 「ミッドフィールドの誰とでも戦える」 / アルファロメオ F1ポルトガルグランプリ プレビュー
アルファロメオF1のキミ・ライコネンが、2021年のF1世界選手権 第3戦 F1ポルトガルGPへの意気込みを語った。

キミ・ライコネンは、前戦F1エミリア・ロマーニャGPでは9位でチェッカーを受けたが、レース後に30秒加算ペナルティを科せられて13位に降格。シーズン初ポイントを獲得することができなかった。

キミ・ライコネン 「ぺナルティに関する警告は何もなかった」

2021年4月22日
キミ・ライコネン 「ぺナルティに関する警告は何もなかった」 / F1エミリア・ロマーニャGP
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、レースのリスタート時の違反で30秒のタイムペナルティを科せられたが、何も知らされていなかったと語る。

F1エミリア・ロマーニャGPでキミ・ライコネンは9位でチェッカーを受け、彼自身とアルファロメオにとって2021年最初のポイントを獲得したと信じられていた。しかし、数時間後、ライコネンがレース再開違反で30秒のタイムペナルティを科されて13位に降格。2ポイントは幻となった。

F1エミリア・ロマーニャGP:キミ・ライコネンに30秒加算…13位に降格

2021年4月19日
F1エミリア・ロマーニャGP:キミ・ライコネンに30秒加算…13位に降格
F1エミリア・ロマーニャGPのレース後、スチュワードは9位でフィニッシュしたキミ・ライコネン(アルファロメオ)に30秒加算ペナルティを科した。その結果、ライコネンは13位まで降格した。

キミ・ライコネンは、赤旗後のリスタート前のセーフティカー期間にスピンを喫してコースオフしたが、正しくない方法でコースに復帰したとしてペナルティを科せられた。これにより、エステバン・オコンが9位、フェルナンド・アロンソが10位に昇格してポイントを獲得した。

キミ・ライコネン 「トップチーム以降とポイント圏外までの差は小さい」

2021年4月15日
キミ・ライコネン 「トップチーム以降とポイント圏外までの差は小さい」 / アルファロメオF1 2021年 F1エミリア・ロマーニャGP プレビュー
アルファロメオF1のキミ・ライコネンが、2021年のF1世界選手権の第2戦としてイモラ・サーキットで開催されるF1エミリア・ロマーニャGPへの意気込みを語った。

昨年から改善を示しているアルファロメオF1だが、開幕戦でキミ・ライコネンはQ2を突破できず、ポイント圏外でレースを終えた。イモラでも引き続きトップチーム以降のポイント争いは厳しいものになると予想する。

キミ・ライコネン 「F1での将来とアルファロメオの競争力は関係ない」

2021年4月13日
キミ・ライコネン 「F1での将来とアルファロメオの競争力は関係ない」
キミ・ライコネンは、F1での将来と2021年のアルファロメオの相対的なパフォーマンスは関係ないと語る。

2007年のF1ワールドチャンピオンである41歳のキミ・ライコネンは、F1史上最も経験豊富なドライバーであり、すでに333戦をスタートし、今シーズン終了時には350戦以上に達する予定となっている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム