F1 レーシングポイント RP19
レーシングポイントF1チームは、2019年F1マシンを『RP19』という名称とすることを発表した。

昨年末、ローレンス・ストロール率いるコンソーシアムがフォース・インディアを買収。2019年のF1世界選手権ではフォース・インディアの名前を完全に外して『レーシングポイントF1チーム(Racing Point F1 Team)』としてエントリーしている。


レーシングポイントF1チームは、2月13日(木)にトロントで開催されているカナダ国際モーターショーで2019年のF1体制発表会を実施。オンラインスポーツ賭博企業のスポートペサ(SportsPesa)がタイトルスポンサーに就任することが発表され、『スポートペサ・レーシングポイントF1チーム(SportsPesa Racing Point F1 Team)』として参戦する。

レーシングポイントF1チームは、F1バルセロナテスト初日となる2月18日(月)にテストを開始。新生チームの第1号マシンは『RP19』と名付けられることになった。

2019年のF1バルセロナテストでは、初日にセルジオ・ペレスが担当。2日目にはランス・ストロールがRP19で初走行を行い、以降一日交代でテストを行う。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レーシングポイント