トヨタ TF109
ピレリは、2011年のF1タイヤ開発テストにトヨタの2009年F1マシン“TF109”を使用することを発表した。

今季限りでF1から撤退するブリヂストンに代わり、2011年からF1にタイヤを供給するピレリ。テストで使用するF1マシンに注目が集まっていたが、2009年末でF1から撤退したトヨタがレースを戦ったTF109を使用することに決定した。

ピレリのモータースポーツディレクターを務めるポール・ヘンベリーは、既存チームに有利にならないF1マシンを使うには、トヨタのF1シャシーを確保したことが、ピレリにとって最高の解決策だったと語る。

「マシンについては、完全に公平なポリシーを持っているので、既存チームに有利になるようにはしたくなかった」

「トヨタはパーフェクトなソリューションだ。スピードと信頼性のある現代のF1マシンであるが、現在F1で競争するどのメーカーとも繋がりがない」

「来シーズンの開幕前にタイヤのポテンシャルを最大限にするあらゆるチャンスを与えてくれるかなり優れたパッケージを有していると確信している」

ピレリは、F1タイヤ開発ドライバーにニック・ハイドフェルドの起用もあわせて発表。18日(火)からイタリアのムジェロ・サーキットでF1タイヤテストを開始する。

関連:
ピレリ、F1タイヤテストを開始 (画像)
ニック・ハイドフェルド、ピレリの公式テストドライバーに就任

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | トヨタ