ニック・ハイドフェルド ピレリ
ニック・ハイドフェルドは、ピレリの公式F1テストドライバーに就任するために、メルセデスGPとの契約を解除した。

ニック・ハイドフェルドは、昨シーズンまでBMWザウバーでレースをしていたが、BMWがF1から撤退したあと、F1のレースシートを失った。

その後、サード&リザーブドライバーとしてメルセデスGPに移籍したニック・ハイドフェルドだが、マシンに乗ることはなかった。

「何よりも僕がピレリの公式テストドライバーになるチャンスを与えてくれたロス・ブラウン、ノルベルト・ハウグ、ニック・フライに感謝したい」とニック・ハイドフェルド述べた。

「チームはずっとこのようなチャンスがあれば邪魔はしないと言っていたし、僕がこのエキサイティングな新しい仕事を引き受けることを快く認めてくれた」

「今年、一緒に素晴らしい仕事をしたメルセデスGPペトロナスの全員に感謝したい。リザーブドライバーという立場でチームを支えるのは楽しかったし、最初から歓迎されていると感じていた」

「現ワールドチャンピオンとの作業は印象的だった。残りのシーズンでのチームの幸運を祈っている」

メルセデスGPのチーム代表ロス・ブラウンは「ニック・ハイドフェルドがピレリに加入し、同社のF1復帰にむけた開発作業に貢献できることをチームは喜んでいる」と述べた。

「ニックは非常に経験豊富なドライバーであり、彼のレース知識と技術的フィードバックは、ピレリにとって非常に有益でありので、F1全体のためになると確信している」

「ニックは今年我々のチームに加わって以来、メルセデスGPペトロナスの本当の財産だった。我々は彼のキャリアが進展することを嬉しく思っている」

メルセデスGPは、ハイドフェルドの後任探しを急いではいないと述べた。

「現時点で新しいリザーブドライバーを採用する計画はない」とメルセデスGPの広報は述べた。

関連:
ピレリ、F1タイヤテストを開始 (画像)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニック・ハイドフェルド | メルセデス | ピレリ