ピレリ、マックス・フェルスタッペンのイモラでのタイヤバーストを説明 / レッドブル・ホンダ F1エミリア・ロマーニャGP
ピレリは、前戦F1エミリア・ロマーニャGPの決勝でのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のタイヤバーストの原因を特定。トレッドとサイドウォールのカットがリタイアの原因だと結論付けた。

マックス・フェルスタッペンは、残り20周でバルテリ・ボッタス(メルセデス)を攻略。だが、2番手走行中の51周目に右リアタイヤが突然バーストしてグラベルでストップし、リタイアを余儀なくされた。

今週末のF1トルコGPに先駆け、ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、マックス・フェルスタッペンのDNFに対するピレリの調査結果を発表した。

「優先的にタイヤと収集することができたタイヤの破片について調査を行った」とマリオ・イゾラは述べた。

「トレッドとサイドウォールの内側と外側の両方にいくつかの切れ目があった」

「故障の原因は、ベルトとカーカスプライの両方に損傷を与えたトレッド中央の損傷であったと考えられる。この損傷に続き、カーカスが負荷を受け止められなくなったある時点でベルトが外れ始め、誰もがテレビで見ることができたデフレーション(空気が抜けること)が発生した。

「FIAとチームとも分析結果を共有している。これが我々が持っている証拠だ。当然のことながら、バラバラになっているタイヤを分析することは困難だが、我々はすぐにタイヤをイモラからミラノの研究所に送り返した」

マックス・フェルスタッペンのリタイアにより、メルセデスは快適なワンツー体制を築き、ルイス・ハミルトンが優勝を果たした。

しかし、メルセデスF1は、マックス・フェルスタッペンの問題が発生する前に独自のタイヤの懸念を抱えていた。ドライバーはタイヤのバイブレーションを報告していた。幸運なことに、それはマックス・フェルスタッペンのリタイアによって導入されたセーフティカー期間中にタイヤ交換することができたことで快勝された。

マリオ・イゾラは、ピレリがメルセデスの問題についても調査を行っていると述べた。

「メルセデスとタイヤを分析しており、調査結果はチームと共有される

ていることを確認できるので、調査結果はチームと共有されます」とマリオ・イゾラは語った。

「プラッシャーのロスはなく、走行中にバイブレーションが増加しただけだった。コンストラクションを調査中だが、この場合はタイヤが入手可能であるため、調査することが可能だ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピレリ / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン