ピレリ 「F1チームはタイヤ変更による追加作業を嫌った」
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、F1チームが2020年のF1世界選手権に新しいタイヤを導入することに反対票を投じたのは、新車の再開発の必要性を回避するためだったと主張する。

2020年仕様のF1タイヤは、F1アメリカGPのフリープラクティスとヤス・マリーナでのポストシーズンテストでテストされたが、全チームは2020年仕様のタイヤの導入に反対し、2019年に使用されたタイヤを継続することが決定した。

マリオ・イゾラは、そのの決定に“失望していない”と主張。F1チームは、2020年の異なるタイヤ形状によって新車のデザイン変更することを余儀なくされることを拒んだと考えている。

「決定を下す前にチームと多くの議論をした。追加の開発があり、アブダビで最終検証が行われたので、当然、決定はかなり遅れた」とマリオ・イゾラは RaceFans にコメント。

「新しいプロダクトが異なるプロファイルを持っているのは明らかであり、それはマシンの空力に影響する。クルマはほぼ95%が確定しており、チームは再びマシンを改良したり、2020年マシンに追加のリソースを投入することにあまり満足はしなかった」

「特に昨年は、チームが3つの異なるプロジェクトに関与していた非常に特別な時期だったことを考慮する必要がある。彼らは2019年マシンでレースをして、2020年のマシンを開発しており、すでに2021年のマシン規則に取り組んでいた。 2021年マシンの物理的な部分を作らなかったとしても、一部の人々は2021年の規制を最終決定するために分析やシミュレーションなどに関与していました。

「だから、チームにとっても非常に忙しい時期だ。最終決定は、主に昨年と同じタイヤを改良せず、2020年にチームが検討する追加要素のないというものだった。彼らはタイヤを知っており、今年は新しいタイヤが導入される際に毎年ある学習曲線がないので、彼らは開発の変数であるそのような追加要素なしに2021年と2020年のマシンの開発に集中することができる。だから、彼らが古いタイヤを保持することを決定したことを理解できる」

しかし、マリオ・イゾラは、ダウンフォースレベルの増加がタイヤに大きな負担をかける可能性が高いため、今年は最低タイヤ圧を上げる必要があると指摘した。

「彼らは、2020年マシンのパフォーマンスが向上するため、今年は少し圧力を上げる必要があると認識している。明らかにパフォーマンスが向上したため、私たちが持っている唯一のレバレッジはスタート時の圧力を上げることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピレリ