F1アブダビGP 決勝
ピレリは、2019年 F1アブダビGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリはアスファルトが滑らかなヤス・マリーナー・サーキット向けにC3(ハード/ホワイト)、C4(ミディアム/イエロー)、C5(ソフト/レッド)という最も柔らかいコンパンドが選択している。

3強チームでは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のみがソフトタイヤでスタートし、それ以外のドライバーはミディアムタイヤでのスタートとなる。

ピレリによるとF1アブダビGPでの最速のタイヤ戦略はソフト-ハードとつなぐ1ストップ。7~14周目でのピットストップが予想されている。2番目に最速の戦略はミディアム-ハードとつなぐ1ストップで、その場合は10~18周目でのピットストップを予想している。

F1アブダビGP 決勝タイヤ戦略予想

マリオ・イゾラ(ピレリ カーレーシング責任者)
「ピットストップウインドウが広いため、明日は戦術的なレースになるだろう。その戦略もすでに始まっており、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは他の上位勢と異なるアプローチを取ってQ2ではソフトタイヤを選んでいる。ミディアムを使うドライバーは第1スティントを長く走ることができるが、トップ10グリッドの大半を占めるソフトのドライバーはスタートで速く走れる。レースコンディションではミディアムとソフトのパフォーマンス差がラップあたり0.5秒前後になるはずだ。それによっておもしろい展開になりそうなので、最終的な違いを生み出すには戦略にかかっていると言えるだろう」

F1アブダビGP 決勝 各ドライバーの持ちタイヤ数

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピレリ / F1アブダビGP