F1イギリスGP 決勝:各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2019年 F1イギリスGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、シルバーストーンに最も硬いレンジである、C1(ハード/ホワイト)、C2(ミディアム/イエロー)、C3(ソフト/レッド)というコンパウンドを配分。決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用されなければならない。

3強チームでは、メルセデスとレッドブル・ホンダがミディタムでのスタートとなるのに対し、フェラーリの2台はソフトでのスタートと戦略が分れた。

ピレリによると、F1イギリスGPでの最速の戦略はソフト-ソフト-ハードと繋ぐ2ストッパー。ソフトで13周ずつ走り、ハードで26周すると計算している。

2番目の戦略はミディアム-ソフト-ハードと繋ぐ2ストップ。ミディアムで15周、ソフトで13周をピットストップのウインドウと推測している。

トップ6では、2番グリッドのルイス・ハミルトンと3番グリッドのシャルル・ルクレールが新品のソフトを残している点が興味深い。

マリオ・イゾラ(カーレーシング責任者)
「前戦オーストリアと同様にイギリスのグリッドも戦略が分かれることとなり、トップ2のメルセデスがミディアムタイヤでスタートする一方、彼らの真後ろにいるフェラーリのシャルル・ルクレールはソフトタイヤとなる。これにより、スタートがおもしろくなるかもしれない。2ストップ戦略が明らかにベストな選択肢ではあるが、タイヤの戦略には様々な可能性がある。ミディアムもソフトコンパウンドも、ある程度の摩耗が確認されており、ややタイヤマネジメントが求められるだろう。デグラデーション以上に摩耗が発生するためのでピットストップのタイミングに大きく影響することになる。もうひとつの可変要素は天気だ。今日のコンディションは涼しく変わりやすかったので、どのような天候になっても対応できるように準備しておかなければならない。ラップタイムが非常に接近している上に、上位勢のレースペースが似通っているため、タイトなバトルが見られるかもしれない」

Formula1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | F1イギリスGP