F1 フランスGP ピレリ
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、今週末のF1フランスGPでは、F1ドライバーたちは“レース全体でプッシュできる”と保証している。

今シーズン、ピレリのトレッドの薄いF1タイヤは論争となっており、多くのチームがタイヤの摩耗と作動温度領域に入れるができないコンパウンドに不満の声を挙げている。

ピレリは、ポール・リカール・サーキットで行われる第8戦フランスGPにC2(ハード/ホワイト)、C3(ミディアム/イエロー)、C4(ソフト/レッド)という最も保守的なコンパンドを選択している。

「今週末の我々のタイヤの選択は昨年と比較して少し保守的だ。昨年、我々はスーパーソフト、ウルトラソフトタイヤを持ち込んだ。しかし、スーパーソフトはもはや我々のレンジンの一部ではない。これにより、ドライバーはスタートからフィニッシュまでより速いスピードでレースをすることができる」」

「昨年、私たちはフランスでより薄いタイヤを使用した。そのため、今年はクルマがどのように進化したかを正確に見ることができるだろう。サーキットのほぼ全体が再舗装されているが、それはサーキットの特性にほとんど影響を及ぼしていない」

「今回はこのサーキットでの2回目のレースなので、チームは学ぶべきことがたくさんある。以前にこのサーキットをテストに使用したことがあるが、はるかに短いサーキット構成だった」

F1 フランスグランプリ ピレリ関連:2019年 F1フランスGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピレリ / F1フランスGP