F1 ピレリ 2019年のF1世界選手権
ピレリは、2019年のF1世界選手権ではブリスターの問題は発生しないと考えている。

昨シーズン、ピレリのF1タイヤは、ブリスター問題がドライビングを困難なものにしているとしてF1チームやドライバーから多くの苦情が寄せられていた。

しかし、ピレリはブレスターはもはや過去のものであると考えている。

2019年のF1タイヤはラバーが薄いものへと変更になる。すでにF1アブダビGP後のポストシーズンテストで2019年仕様のF1タイヤはテウトされている。

「このサーキットではいくつかの条件での違いが少し隠されてしまう可能性がある。いくつかのサーキットでは違うを感じることになると思う」とピレリのカーレーシング責任者を務めるマリオ・イゾラは RaceFans にコメント。

「トレッドの厚さの減少だけを比較すれば、それは新しい特性のひとつとなる。バルセロナ、ポールリカール、シルバーストーンでブリスターは大幅に減少されており、我々は新しいタイヤにそれを組み込むことを決定した」

「バルセロナでは全チームで明確が比較ができたが、例えば、タイア開発をテストしたシルバーストーンでは通常バージョンと薄型バージョンを比較したところ、通常バージョンのブリスターが多いことは明らかだった。だが、薄型バージョンははるかに向上していた」

「エネルギーレベルが高いサーキットでは、新しいタイヤの違いがもっと確認されると思う尾。アブダビではまったくブリスターは発生しなかったが、ここで比較するのは難しい。タイヤは昨シーズンと比較して大改革というわけではないし、2017年のような大きな変化はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | F1マシン