F1 ピレリ
ピレリは、2018年のF1タイヤレンジを発表。ピンクの「ハイパーソフト」と「スーパーハード」が追加され、合計7種類のコンパウンドが導入する。また、それに伴い、タイヤの識別カラーからも変更となる。

今年、ピレリはハード(オレンジ)、ミディアム(ホワイト)、ソフト(イエロー)、スーパーソフト(レッド)、ウルトラソフト(パープル)の5種類のコンパウンドを採用してきた。

しかし、2018年は全てのコンパウンドを一新。各タイヤは1段階柔らかくなり、新たに最も柔らかいコンパウンドとして『ハイパーソフト』、最も硬いコンパウンドとして『スーパーハード』が追加され、全7種類のドライコンパウンドとなり、これに新しくなったインタミディエイトとウェットが加わった9種類のコンパウンドで構成される。

新たに導入されるピンクのタイヤは、SNSを通じてファン投票を実施がされ、「メガソフト」「ハイパーソフト」「エクストリームソフト」の候補のなかから「ハイパーソフト」が選ばれた。

それに伴い、識別カラーも変更。最も硬いスーパーハードをオレンジにすることで、ハードタイヤは“アイスブルー”に変更となり、スーパーハード(オレンジ)、ハード(アイスブルー)、ミディアム(ホワイト)、ソフト(イエロー)、スーパーソフト(レッド)、ウルトラソフト(パープル)、ハイパーソフト(ピンク)というカラーリングとなる。

各タイヤのコンパウンドと構造は再設計され、2011年のF1復帰以来、毎年レンジを更新するというピレリの哲学が継続される。

タイヤコンパウンドが7種類に増加したことに伴い、2018年はレース毎にさらに適したタイヤ配分が可能となる。ピレリとチームはタイヤ選択においてより柔軟性とバリエーションが増すことで、さらに創造的なレース戦略を練る機会がもたらされる。

マリオ・イゾラ (ピレリ カーレーシング責任者)
「新世代のクルマに適応するためにタイヤが25%増加した今年と比較して、来年の変化はそれほど広範囲には及びません。しかし、我々は新しいハイパーソフトを始め、レンジにわたってよりソフトで速いコンパウンドとともに重要な技術改革を発表できることを嬉しく思います。今年のユニークな状況下では、我々の2017年コンパウンドのいくつかはおそらく保守的だったと認識しました。それに対処するために我々が2018年にむけて生み出したタイヤは、大分部のレースを2ストップにするという目的に沿ったものです。ですが、来年も全てのドライバーが今年に評価した属性を維持しており、彼らが各スティントのスタートからフィンシシュまでプッシュできるというタイヤの基本的なデザインコンセプトは変わっていません。新しいレンジは、2018年のレースをさらにハードでスペクタクルなものになるように速いタイヤで構成されています」

2018年 F1タイヤ

2018年 F1タイヤF1アブダビGP後にヤス・マリーナ・サーキットで実施される2日間のテストの後、ドライバーはバルセロナで2月26日~3月1日、3月6日~9日の2回にわたって開催される8日間のプレシーズンテストで2018年マシンで新しいタイヤをテストする機会を得る。また、ピレリは、2019年にむけたタイヤテスト計画について来シーズンの序盤に発表するとしている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ