ピレリ
ピレリは、2016年に導入される新しいF1タイヤ規約のフリー選択システムについての詳細を説明した。

2016年、F1チームはタイヤコンパウンドの選択でより大きな自由を与えられる。各ドライバーは、ピレリによって選択された3種類のタイヤコンパウンドの中から、レース週末に13セット中10セットのタイヤを選ぶことができる。

興味深いことに、チームはドライバーでもタイヤ選択を変えることができる。

まず、ピレリは事前にFIAと協議し、各レースで私用する3種類のコンパウンドを決定し、チームにその情報を伝える。

プラクティス、予選、レースで使うことができる合計セット数は、現在の13セットのままとなる。

ピレリは、各マシンのために義務的な2つのレース用セットを指定する。また、2種類のうち軟らかい方のコンパウンドが、予選Q3のみで使用する1セットとして指定される。

ピレリが選択する義務的な2セットは、レース週末のためにノミネートされた3種類のコンパウンドから2つの異なるコンパンドが選択され、それは各チームで同一となる。

各チームによって選択される10セットも、レース週末のためにノミネートされた3種類のコンパウンドから選択される。

チームは、ピレリが設定した期限内に彼らの選択を行い、FIAに選択したセットを伝える。期限を過ぎた場合、FIAが選択を行う。そして、FIAはピレリに生産するべきタイヤ数を伝える。

各マシンのタイヤ選択は、レースの2週間前まで秘密にされる。

各マシンの選択が決定した後、FIAは現状と同じようにバーコードを通してランダムにタイヤを割り当てていく。

各チームは、マシン毎に選択を変えることができ、チーム内のドライバーに異なる配分をすることができる。

タイヤは、現状と同じくサイドウォールに異なるカラーの模様がつけられる。

チームは、スケジュール通りにタイヤを返却しなければならないが、以下の時間に沿ってどのタイヤを返却するかを決定することができる。

- FP1の最初の40分後に1セット
- FP1終了後に1セット
- FP2終了後に2セット
- FP3終了後に1セット

ピレリによって指名されるレース用の義務的な2セットは、プラクティス中に返却することはできず、レースで使用できるようにしていなければならない。そして、チームは少なくともそのうちのどちらか1セットをレース中に使用されなければならない。

Q3に進出したトップ10ドライバーは、予選Q3用に指定された1セットを返却しなければならない。そして、現状と同じく、レースではQ2で最速タイムを記録したタイヤでレースをスタートしなければならない。

Q2で敗退したドライバーは、レース中に予選Q3用に指定されたセットを使うことができる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ