ピレリ ルノー R30
ピレリは、ルノー R30を新たなテストカーとして使用することを発表した。

ピレリは、これまで使用していたトヨタ TF109はタイヤ開発にはあまりに古いと考え、テストに使用する新しいF1マシンを探していた。

ピレリは、ルノーの2010年F1マシンであるR30が最新のテクニカルおよび空力レギュレーションをシミュレートするのに適しているだろうと述べた。

R30は、カーボンブラックのピレリのカラーリングに塗り替えられ、テストチームは現在のF1チームと関連のないテストメンバーによって走らせられることになる。

「テストカーとしてより最新のソリューションが必要なことは初期の段階から明らかだった。トヨタ TF109はかなり貢献してくれたが、もう3歳だ」とピレリのモータースポーツダイレクターを務めるポール・ヘンベリーはコメント。

「それ以来、レギュレーションだけでなく、テクノロジーもかなり進んだ。トヨタは、もはや現在のF1の条件を満たすシミュレーションをするために必要な力を生み出すことはできない」

「我々の一番の課題は、チームを完全に平等に扱う必要があるということだ。それがテストチームが独立して動き、全チームがテストにオブザーバーを行かせることができる理由だ」

「我々の新しいテストカーは、現在の給油のない燃料規約で走ることになる。フルレースディスタンス、マシンとタイヤのバランス変化をシミュレートできるようになる」

ピレリは、今シーズン4〜5回のテストを考えており、最初のテストは5月に予定しているとした。またテストドライバーについても1ヵ月以内に発表したと述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | ルノー